13時間 ベンガジの秘密の兵士

2016年公開の戦争映画。2012年に実際に起きたアメリカ在外公館襲撃事件がベースをベースとしたミッチェル・ザッコフの書籍が基となっている。日本では劇場公開されず、ビデオスルーとなった。

監督はマイケル・ベイ監督。本作と同じく史実に基づいた映画「パール・ハーバー」では、「真珠湾攻撃を知らないか、第二次世界大戦を知らない人向けに作られた映画」と酷評されているが、本作はまずまずの評価をされているので、安心して観ていただきたい。

あらすじ

2012年、アメリカは「世界で最も危険な地域」とされるリビアのベンガジンにCIA秘密施設「アネックス」を設置していた。アネックスのCIAスタッフを守るのは、民間軍事チーム「グローバル・レスポンス・スタッフ」(通称「G.R.S.」)だった。

あるアメリカ映画のをきっかけに、リビアを始めとするアラブ諸国の緊張が一気に高まった。

過激派からの攻撃を恐れ、各国の米大使館の職員は撤退したが、クリストファー・スティーブンス大使は数名の護衛を連れて、リビア市内に入った。

秘密裡に行動していたはずだが、内部から情報が洩れ、現地マスコミが駆け付けた。そのことで、米国の大使が市内にいることは、すぐにリビア中に知れ渡ってしまった。

さらに緊張が高まる中、9月11日を迎えた。多くの市民が同時多発テロ事件の追悼を行う一方で、過激派からは攻撃が予想された。大使は予定を入れずに、領事館内に待機することにした。

しかし、その日の夜、領事館は武装集団からの攻撃を受けた。

領事館は人員が足りず警備が手薄だったので、大使はセーフルームに逃げ込むしかなかった。

領事館からのSOSを受けたG.R.S.は、すぐに領事館に向かおうとしたが、CIA支局長に待機を命じられる。

秘密施設を守る民間軍事チームは表向きには存在しないことになっているため、出動は許可できないというのだった。

公務中のアメリカ大使が殺害されたのは1979年以来ということで、当時日本でも注目された事件である。

ことの発端は「イノセンス・オブ・ムスリム」という映画の内容がイスラム教を侮辱しているという抗議であるが、本作では「そんな映画があったらしい」程度でしか登場しない。

おそらく、当時のリビアで働いていたアメリカ人にはあまり認知されていなかったということを、リアルに描いているのだろう。

銃撃戦や負傷した人がリアルに描かれており、そこらの戦争映画よりも、戦争の悲惨さが伝わるだろう。

個人的に、終盤になるにつれて主要人物のほとんどが「ヒゲにヘルメット」となり、見分けるのが困難だった。

キャスト・スタッフ

役名 キャスト
ジャック ジョン・クラシンスキー
ロン ジェームズ・バッジ・デール
タント パブロ・シュレイバー
ブーン デヴィッド・デンマン
オズ マックス・マーティーニ
ティグ ドミニク・フムザ
ボブ トビー・スティーブンス
ソナ・ジラーニ アレクシア・バルリエ
監督 マイケル・ベイ
脚本 チャック・ホーガン
原作 ミッチェル・ザッコフ
スポンサーリンク