バイオハザードⅢ


ゲームソフト「バイオハザード」の実写映画シリーズ第三作目。

主演はもちろん、第二作目「バイオハザードⅡ アポカリプス」に引き続きミラ・ジョヴォヴィッチである。

前作からは数年が経過しており、ウィルスが世界中に広がってしまった世界が描かれている。

そのため、登場するのは殆どがゾンビであり、ウィルスに感染していない人間は主要人物と少数のわき役のみとなる。

他の映画なら人が歩いているであろうシーンは、本作ではゾンビが歩いているというほどにゾンビが登場する。

前作からゲームの世界観が多く取り入れられ、ゲストキャラが登場している。

本作では、ゲーム版「バイオハザード2」のプレイヤーキャラであった「クレア」が登場している。

前作のジルの再現度の高さが好評だったが、本作のクレアは評価がわかれるであろう。

性格などの再現度はなかなかであるが、容姿の再現度があまり高くなかったと思われる。

ポニーテールに期待していた人は、すこし残念だったかもしれない。

前作から本作の間のストーリーは小説で楽しむことができる。

あらすじ

ラクーンシティでの事件から数年後、T-ウィルスの感染は地球全体に広がっていた。

人間や動物はもちろん、植物にまで感染が広がり地球は砂漠化した死の星と化していた。

アンブレラ社は地下施設に潜り、アルバート・ウェスカーを筆頭にして地上へ戻る策を練っていた。北米の地下施設ではアリスの血液から作り出した大量のクローンを使い、血清の開発を進めていた。

一方、アンブレラ社の追跡を逃れるため、各地を転々としていたアリスは、立ち寄ったガソリンスタンドでアラスカがT-ウィルスの感染から逃れたという情報をつかんだ。

アラスカへ向かう手段を模索している時、非感染者を保護しているクレア車団と出会う。その車団には、ラクーンシティで共に戦ったカルロスの姿もあった。

車団のリーダーであるクレアにアラスカの件を話し、協力することとなった。まずは、燃料を確保するために危険地帯とされているラスベガスへと向かうことになる。

前述の通り、世の中はゾンビだらけになってしまっています。

人や犬だけでなく、亡骸を食べたカラスなどもゾンビ化しています。

ゾンビだらけになったため、地球全体の荒廃もかなり進んでいます。そのため、砂漠のシーンが多く画面が少し単調になってしまっています。

少しあらすじに触れておくと、クレアをリーダーとした集団が生き残った人を集めて安全な場所を探しているところに、アリスと出会います。

そこで、アラスカに安全地帯があると聞き、アラスカにいくために右往左往するという内容になっています。

前作に登場したカルロスがすでにクレアの集団に所属しているが、ジルは本作には出てこない。

カルロスがクレアと共に行動するようになったきっかけや、ジルの行方については本作で触れられていない。

ホラー要素は強くないが、とにかくゾンビが銃で撃たれるシーンが多くなっている。

そのため、多少グロテスクなシーンがあるので、苦手な方は注意が必要。

逆に、ゾンビシューティングゲームが好きな人にはピッタリの映画になっている。

キャスト・スタッフ

役名 キャスト
アリス・アバーナシー ミラ・ジョヴォヴィッチ
クレア・レッドフィールド アリ・ラーター
カルロス・オリヴェイラ オデッド・フェール
Kマート スペンサー・ロック
ロイド・ジェファーソン・ウェイド マイク・エップス
ベティ・グリア アシャンティ
マイケル・ファーバー クリストファー・イーガン
チェイス・マラヴォイ リンデン・アシュビー
オットー・ワレンスキー ジョー・ハースリー
サミュエル・アイザックス イアン・グレン
アレクサンダー・スレイター マシュー・マースデン
アルバート・ウェスカー ジェイソン・オマラ
ホワイト・クイーン マデリン・キャロル

監督 ラッセル・マルケイ
製作 ポール・W・S・アンダーソン、ベルント・アイヒンガー、サミュエル・ハディダ、ロバート・クルツァー、ジェレミー・ボルト
製作総指揮 マーティン・モスコウィック、ヴィクター・ハディダ、ケリー・ヴァン・ホーン
脚本 ポール・W・S・アンダーソン
撮影 デヴィッド・ジョンソン
編集 ニーヴン・ハウィー
音楽< チャーリー・クロウザー
美術 エウヘニオ・カバレロ
衣装 ジョセフ・ポロ
特殊メイク ブルース・スポルディング・フラー
クリーチャーデザイン パトリック・タトプロス
クリーチャー造形 タトプロス・スタジオ
原案 カプコン「バイオハザードシリーズ」
スポンサーリンク

映画を探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク