ブラック・ハッカー

 
「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのフロド役で有名なイライジャ・ウッド主演のサスペンス映画。

この映画の最大の特徴は、常に主人公であるニックのPC画面を視聴者が見ているという設定である。

本編約100分間常にPC画面を観ているというもので、それ以外の普通のシーンは一切ない。

そのため、視聴者自身がPCを操作している感覚になり、非常に物語に引き込まれる。

タイトル通り、ハッキングがメインとなりストーリーが進んでいく。

有名女優のPCやスマートホンをハッキングし、会話やテレビ通話の映像、メールを盗み見するのはもちろん、スマホのカメラをハッキングして盗撮までしてしまう。

イライジャ・ウッドをロード・オブ・ザ・リングでしか見たことのない方には、主人公ニックのオタクぶりに驚いてしまうかもしれない。

あらすじ

人気女優ジルの大ファンであるニックは、ジルのファンサイトを運営していた。ある日、ニックはジルとの会食に招待された。

喜んだニックはホテルを予約し会食へ備えていた。

会食の当日、ニックはホテルにチェックインすると、コードと名乗る人物から電話が入る。コードによると会食は中止になったようだ。そんな連絡は受けていないニックは不審に思ったが、中止になったお詫びをするというコードの指示通りにパソコンに送られたURLをクリックする。

URLをクリックするとジルを盗撮しているライブ映像が流れていた。生中継中のジルの記者会見と見比べると、その映像は本物に間違いなかった。

好奇心を抑えられなかったニックはコードの指示通りにハッキングを続けていく。

エスカレートしていくコードの要求に耐え切れなくなったニックだったが、ジルの命の危険を感じ、コードの真意を確かめるために指示に従い続けることにした。

ジルの大ファンであるニックがハッカーの手引きで、PCやスマホをハッキングするところからストーリーが始まる。

しかし、徐々にエスカレートしていき、おかしいと気づいた時には、ハッカーの策にはまってしまっていた。

ストーリーが進むにつれて、様々なハッキングが出てくるが、特に専門的な知識がなくとも、純粋にサスペンス映画として楽しめるだろう。

もちろん、ラストは衝撃の展開になっている。

キャスト・スタッフ

役名 キャスト
ニック・チェンバース イライジャ・ウッド
ジル・ゴダード サーシャ・グレイ
謎の男(コード) ニール・マスケル
ピエール アダム・キンテーロ
トニー・ヒルマン イバン・ゴンザレス
リッチー ナチョ・ビガロンド
司会者 ブライアン・エルダー
キャロル レイチェル・アリエフ
ドン スコット・ウェインバーグ
トリオップス2 ジェイク・クラムベルグ
トリオップス3 ダニエル・ペレス・プラダ

監督 ナチョ・ビガロンド
脚本 ナチョ・ビガロンド

スポンサーリンク

映画を探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク