アクション一覧

アクションの他、カーアクションなども含まれています。

16ブロック

ニューヨーク市警のジャック・モーズリー刑事は夜勤を終えて帰路に就こうとしていた。 しかし、上司から呼び止められ、囚人の護送を命じられた。ジャックは疲労困憊だったが、仕方なく護送任務を受けることにした。

エンド・オブ・ホワイトハウス

マイク・バニングはシークレットサービスとして、アメリカ合衆国大統領一家の護衛にあたっていた。 しかし、クリスマスの夜に、不慮の事故で大統領と夫人を危機にさらしてしまう。大統領は助けることができたが、夫人は帰らぬ人となってしまった。 マイクは責任を感じ、現場任務から身を引くことにした。

アイアンマン

兵器開発を主要事業とする大企業「スターク・インダストリーズ」。その巨大企業の社長の名は、トニー・スターク。 トニーは自社が開発したクラスターミサイル「ジェリコ」を軍にPRするため、アフガニスタンで実践プレゼンテーションを行った。

ソルト

オルロフと名乗るロシア人が亡命を求めて出頭してきた。 オルロフは、ロシアのアメリカ人スパイが複数人潜伏しており、「Xデー」を待っていると語る。あまりにも突飛な話に真偽を決めきれない捜査官たちだったが、オルロフが語った話に耳を疑った。 それは、ソルトがロシアのスパイの一員であるというものだった。

ハンコック

ジョン・ハンコックは、人間離れした怪力や飛行能力、不老不死の体を持っていた。その力を生かし、凶悪犯罪を解決していた。 しかし、犯人逮捕に伴うビルの破壊や道路の破壊、酒癖の悪さや言動の乱暴さから、嫌われものであった。

MIB3 メン・イン・ブラック3

月面の刑務所から凶悪犯罪者ボリスが脱獄した。ボリスを逮捕し、右腕を奪ったKに復讐するためである。 エイリアンが経営する中華料理店で、Kはボリスと再会する。しかし、ボリスは「お前は過去で死ぬ」と言い残し立ち去ってしまった。

MIB2 メン・イン・ブラック2

Kが引退して5年が過ぎた。Kの後を継いだJは、MIB捜査官として様々な事件を解決し、エリートとなっていた。 しかし、Zは相棒を勝手に解任してしまうJに手を焼いていた。ある日、また相棒を解任したJにパグ犬型エイリアンのフランクをJの相棒につけた。

MIB メン・イン・ブラック

ニューヨーク市警所属のジェームズ・エドワーズ刑事は、とある事件の犯人を追いかけていた。壁をよじのぼるなど、驚くほどの身体能力で逃げる犯人だったが、機転を利かせたジェームズにより建物の屋上に追い詰められた。 追い詰められた犯人は「あいつに消される」と言い残し、屋上から飛び降りて自ら命を絶った。

スポンサーリンク