ホラー一覧

モーテル

ある夜、デイヴィッドとエイミー夫婦は、エイミーの実家からの帰路についていた。 不慮の事故で息子を亡くして以来、二人の関係は冷めきってしまっていた。しかし、実家では仲の良い夫婦を演じていたのだ。 その疲れもあってか、車内の空気は重たいものだった。

パンドラム

2174年、地球の人口は増加しすぎ、人類を賄う水と食料は残されていなかった。 慢性的な食糧不足により、終わりが見えない戦争が続いていた。

リセット

映画館に勤めるポールは、その日もいつもの様に映画を上映していた。 映画上映中に停電が発生した。突然の出来事に戸惑ったが、すぐにライトをつけて周辺を調べるポールだったが、目を疑う光景が広がっていた。観客やスタッフなどあらゆる人が衣服だけをその場に残し姿を消していた。

バイオハザードV リトリビューション

ウェスカーとの戦いを終え、救出した生存者たちと共にタンカーの甲板にあがるアリスをアンブレラ社の特殊部隊が急襲する。その部隊を率いているのは、かつてラクーンシティで共に戦ったジル・バレンタインだった。 圧倒的な戦力差になすすべもなくアリスや生存者たちは捕縛されてしまう。

バイオハザードⅢ

ラクーンシティでの事件から数年後、T-ウィルスの感染は地球全体に広がっていた。 人間や動物はもちろん、植物にまで感染が広がり地球は砂漠化した死の星と化していた。 アンブレラ社は地下施設に潜り、アルバート・ウェスカーを筆頭にして地上へ戻る策を練っていた。

バイオハザードⅡ アポカリプス

ハイブでのバイオハザード事件から2日が経った。ハイブの真上にあるラクーンシティではいつもと変わらぬ時間が流れていた。 しかし、ハイブ調査隊により出入り口が開けられたため、ウィルスが地上に漏れ出してしまう。ラクーンシティは一瞬にしてゾンビが徘徊する死の街となってしまった。

バイオハザード

目が覚めるとそこは洋館だった。 アリスは記憶をたどり自分の身に何が起きたのかを思い出そうとするが、全く思い出せない。何も思い出せないまま洋館を彷徨っていると、見知らぬ男に逃げるように言われる。

スポンサーリンク