SF一覧

イーグル・アイ

コピー店で働くジェリーは、今日もいつもと変わらぬ日を送っていた。 家に帰り大家に滞納していた家賃を支払っていると、母から電話がかかってきた。政府関係の仕事をしていた双子の兄イーサンが、交通事故で亡くなったのだった。

エクス・マキナ

プログラマーであるケイレブ・スミスは、検索エンジンの開発で有名なIT企業ブルーブックに勤めていた。 ある日、全社員を対象とした抽選会が行われた。当選した社員は、社長であるネイサンが所有する自宅を訪問する権利をもらえるというのだ。

パンドラム

2174年、地球の人口は増加しすぎ、人類を賄う水と食料は残されていなかった。 慢性的な食糧不足により、終わりが見えない戦争が続いていた。

アイアンマン

兵器開発を主要事業とする大企業「スターク・インダストリーズ」。その巨大企業の社長の名は、トニー・スターク。 トニーは自社が開発したクラスターミサイル「ジェリコ」を軍にPRするため、アフガニスタンで実践プレゼンテーションを行った。

デイ・アフター・トゥモロー

地球温暖化により、南極大陸の棚氷が解け、大規模な崩落がおきた。 崩落に合い地球の気候に影響があると考えた気象学者のジャック・ホールは調査を始めた。その結果、地球温暖化による海流の変化が、近い将来氷河期並の気温低下を引き起こすと判明した。

MIB3 メン・イン・ブラック3

月面の刑務所から凶悪犯罪者ボリスが脱獄した。ボリスを逮捕し、右腕を奪ったKに復讐するためである。 エイリアンが経営する中華料理店で、Kはボリスと再会する。しかし、ボリスは「お前は過去で死ぬ」と言い残し立ち去ってしまった。

MIB2 メン・イン・ブラック2

Kが引退して5年が過ぎた。Kの後を継いだJは、MIB捜査官として様々な事件を解決し、エリートとなっていた。 しかし、Zは相棒を勝手に解任してしまうJに手を焼いていた。ある日、また相棒を解任したJにパグ犬型エイリアンのフランクをJの相棒につけた。

MIB メン・イン・ブラック

ニューヨーク市警所属のジェームズ・エドワーズ刑事は、とある事件の犯人を追いかけていた。壁をよじのぼるなど、驚くほどの身体能力で逃げる犯人だったが、機転を利かせたジェームズにより建物の屋上に追い詰められた。 追い詰められた犯人は「あいつに消される」と言い残し、屋上から飛び降りて自ら命を絶った。

スポンサーリンク