サスペンス一覧

ツーリスト

ロンドン警察から監視を受けていたエリーズは、ある朝カフェでアレクサンダー・ピアースから手紙を受け取った。アレクサンダーは脱税などで国際指名手配されていた。 手紙の指示通り警察の尾行を巻き、指定された電車に乗り込んだ。さらに指示された通り、アレクサンダーと容姿が似た男と相席することにする。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

宝石店を営むトーマスは、息子オスカーと「調査探検」というゲームをしていた。 アスペルガー症候群を持つオスカーが、調査探検を通して、他人と上手くコミュニケーションを取れるようになることが狙いだった。 しかし、父トーマスは2001年9月11日、同時多発テロ事件により帰らぬ人となった。

ホワイトアウト

南極基地に配属されている連邦捜査官キャリー・ステッコは任期を終えて本国へ帰還しようとしていた。 帰還の日が迫る中、新人隊員が哨戒任務中に死体を発見したという報告が入った。

12モンキーズ

2035年、人類は99%が死滅し、生き残った者も地下に隠れ住んでいた。 ジェームズ・コールは、タイムマシンでウィルスがばら撒かれた1996年に向かい調査する任務を与えられた。 手がかりは「12モンキーズ」という組織のがウィルスをばら撒いたらしいということのみだった。

スポンサーリンク