スリラー一覧

エンド・オブ・ホワイトハウス

マイク・バニングはシークレットサービスとして、アメリカ合衆国大統領一家の護衛にあたっていた。 しかし、クリスマスの夜に、不慮の事故で大統領と夫人を危機にさらしてしまう。大統領は助けることができたが、夫人は帰らぬ人となってしまった。 マイクは責任を感じ、現場任務から身を引くことにした。

モーテル

ある夜、デイヴィッドとエイミー夫婦は、エイミーの実家からの帰路についていた。 不慮の事故で息子を亡くして以来、二人の関係は冷めきってしまっていた。しかし、実家では仲の良い夫婦を演じていたのだ。 その疲れもあってか、車内の空気は重たいものだった。

エクス・マキナ

プログラマーであるケイレブ・スミスは、検索エンジンの開発で有名なIT企業ブルーブックに勤めていた。 ある日、全社員を対象とした抽選会が行われた。当選した社員は、社長であるネイサンが所有する自宅を訪問する権利をもらえるというのだ。

パンドラム

2174年、地球の人口は増加しすぎ、人類を賄う水と食料は残されていなかった。 慢性的な食糧不足により、終わりが見えない戦争が続いていた。

デイ・アフター・トゥモロー

地球温暖化により、南極大陸の棚氷が解け、大規模な崩落がおきた。 崩落に合い地球の気候に影響があると考えた気象学者のジャック・ホールは調査を始めた。その結果、地球温暖化による海流の変化が、近い将来氷河期並の気温低下を引き起こすと判明した。

ハリケーン アワー

2005年アメリカ・ニューオーリンズに、巨大ハリケーン「カトリーナ」が接近していた。 そんな中、出産を目前に控えたアビガイル・ヘイズが病院に緊急搬送され、そのまま手術にはいった。付き添う夫ノーラン・ヘイズは待合室で、妻の無事を祈る。 しかし、アビガイルは娘を産み、息を引き取ってしまった。その事実を医師から聞くノーランは、厳しい現実を受け入れられず取り乱してしまう。 ちょうどその頃、「カトリーナ」が接近したことで、病院内の患者やスタッフが避難をはじめた。

ホワイトアウト

南極基地に配属されている連邦捜査官キャリー・ステッコは任期を終えて本国へ帰還しようとしていた。 帰還の日が迫る中、新人隊員が哨戒任務中に死体を発見したという報告が入った。

スポンサーリンク