エリザベス

1998年公開のイギリス映画。エリザベスⅠ世の即位直前から即位直後の前半生を描いた歴史映画である。

2007年に監督・主演続投で続編「エリザベス:ゴールデン・エイジ」が公開されている。

アカデミー賞7部門をはじめ、ゴールデングローブ賞などにも多数ノミネートしている。そのうち、アカデミー賞メイクアップ賞やゴールデングローブ賞主演女優賞(ドラマ部門)などを受賞している。

メイクや主演のケイト・ブランシェットの演技以外でも、助演のジェフリー・ラッシュが助演男優賞をはじめ撮影賞や作曲賞も受賞している。

主演ケイト・ブランシェットが一躍スターになった作品でり、本作の後「ロード・オブ・ザ・リング」ガラドリエル役などで演技派実力派女優としての地位を築いていく。

あらすじ

16世紀のイングランド。ヘンリー8世が国教会を打ち立てたことで、新旧宗教の抗争がくすぶっていた。

ヘンリー8世の娘エリザベスは父の遺志を汲み、プロテスタントを信仰していた。しかし、女王であり異母姉でもあるメアリーはカトリックを信仰していた。

プロテスタントであるエリザベスは、国家転覆をはかったとして、メアリー女王の命でロンドン塔に幽閉されてしまう。

そんな中、メアリー女王は病で残りわずかの命であることが判明する。メアリー女王が亡くなれば、異教徒であるエリザベスが王位を継ぐことになる。

メアリーの側近たちは、エリザベスの処刑を女王に勧めるが、実の妹の処刑を命じられぬまま死去する。

メアリー女王の死去を受け、幽閉されていたエリザベスが王位を継ぐことになった。

しかし、イングランドの情勢は取り返しがつかないほど悪化しており、唯一の活路はフランスやスペインとの政略結婚だった。

エリザベスが政略結婚に踏み切れずにいる中、隣国スコットランドに敗戦するなど、情勢はさらに悪化する一方であった。

エリザベスⅠ世といえば、スペイン無敵艦隊を破った「アルマダの海戦」が有名だが、本作ではその時代までは描かれていない。

アルマダの海戦については、続編「エリザベス:ゴールデン・エイジ」で描かれている。

一人の人物にスポットを当てた歴史映画は脚本などの面から難しいとされているが、本作はその難しい映画を見事に作り上げている。

派手なスペクタクル要素を全く入れずに、落ち着いたドラマで、当時の豪華な服装とそれが似合うキャストを上手く揃えている。

当時のイングランドの情勢よりも、エリザベスⅠ世に興味がある方におすすめできる映画である。

本作の他にも英国王室についての作品は「ブーリン家の姉妹」などがあるので、そちらと合わせて観ると、より理解が深まるかと思う。

キャスト・スタッフ

ローマ教皇ジョン・ギールグッド

役名 キャスト
エリザベス1世 ケイト・ブランシェット
ロバート・ダドリー ジョセフ・ファインズ
フランシス・ウォルシンガム ジェフリー・ラッシュ
ウィリアム・セシル リチャード・アッテンボロー
ノーフォーク公 クリストファー・エクルストン
アランデル伯 エドワード・ハードウィック
メアリ・オブ・ギーズ ファニー・アルダン
アンジュー公 ヴァンサン・カッセル
ジョン・バラード ダニエル・クレイグ
監督 シェカール・カプール
脚本 マイケル・ハースト
製作 アリソン・オーウェン
エリック・フェルナー
ティム・ビーヴァン
スポンサーリンク

映画を探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク