エクス・マキナ

2015年公開のSFスリラー映画。「ジャッジ・ドレッド」などの脚本を手掛けたアレックス・ガーランドの初監督作品となる。

初監督作品ながら、アカデミー賞視覚効果賞など多くの映画賞にノミネート、受賞しているので、大成功といえるだろう。

主演は「リリーのすべて」などのアリシア・ヴィキャンデル

「エクス・マキナ」と「リリーのすべて」は2015年公開で、両作品共に高評価を受け、アリシア・ヴィキャンデルはその年のゴールデングローブ賞主演女優賞・助演女優賞をはじめとする多くの映画賞にノミネートしている。

デビュー当時から高い評価を受けていたが、2015年が飛躍の年となったことは間違いないだろう。

その他にも、「ハリーポッター」シリーズのビル・ウィーズリー役で有名なドーナル・グリーソンや、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」ポー・ダメロン役のオスカー・アイザックが出演している。

あらすじ

プログラマーであるケイレブ・スミスは、検索エンジンの開発で有名なIT企業ブルーブックに勤めていた。

ある日、全社員を対象とした抽選会が行われた。当選した社員は、社長であるネイサンが所有する自宅を訪問する権利をもらえるというのだ。

なんと、ケイレブが当選し、社長宅を訪問することになった。

ケイレブはヘリコプターで送迎され、山岳地帯にある社長宅へと到着した。

ネイサンはケイレブを歓迎し、自宅の中を案内し始めた。ただの豪邸と思っていたネイサンの自宅は、最新設備の整った研究施設を兼ねていたのだ。

機密保持契約書にサインをし、地下の研究施設に案内された。

ネイサンが自宅で人口知能(AI)の研究をしていた。しかも、開発はほぼ成功しエヴァという名のガイノイドが完成していた。

ネイサンはケイレブにエヴァのチューリングテストを依頼された。

ケイレブは早速エヴァのチューリングテストに取り掛かった。

ケイレブはエヴァと会話を重ねるうちに、ネイサンの開発したAIの恐ろしさを知っていく。

ネイサンの自宅兼秘密研究所でエヴァのチューリングテストをするというストーリーになる。

会話の内容が少し小難しいところもあるが、登場人物が少なくシンプルでゆっくりとしたストーリーなので、置いて行かれるということもないだろう。

ちなみに、チューリングテストは、アラン・チューリングという科学者が提唱した実在するテストである。

チューリングテストについて調べだすと逆にストーリーがわからなくなるので、人工知能の完成度を図るテストと思っていれば間違いないかと思う。

エヴァのCGを駆使した機械の身体と、ネイサン宅周辺の緑豊かな自然が対照的で美しく表現されてる。

キャスト・スタッフ

役名 キャスト
エヴァ アリシア・ヴィキャンデル
ケイレブ・スミス ドーナル・グリーソン
ネイサン・ベイトマン オスカー・アイザック
キョウコ ソノヤ・ミズノ
監督 アレックス・ガーランド
脚本 アレックス・ガーランド
製作 アンドリュー・マクドナルド
アロン・ライク
スポンサーリンク