ラスト サムライ

 
2003年に公開されたアクション映画。主演・制作トム・クルーズ、監督エドワード・ズウィック。明治初期の日本を舞台にしており、渡辺謙、真田広之、小雪など日本の有名俳優が多数出演している。

時代に取り残されていく「侍」の姿を見事に描き、多くの人を感動させた超話題作である。

ハリウッド映画でよく見かける「日本人の役を中国人がしている」というものが本作にはなく、エキストラでさえ日本人を起用しているほどである。

撮影開始前は、銃器の扱いになれている韓国人などが起用されるよていだったが、トムクルーズの申し出により日本人が起用された。「ミッション:インポッシブル」シリーズなどにも見られるトム・クルーズの映画への情熱が「ラスト サムライ」にも見られる。

本作からハリウッド映画に度々出演するようになる渡辺謙だが、「ラスト サムライ」のオーディションの時には英語が全く話せなかった。オーディションに受かった後に猛特訓し、通訳なしで会話ができるまでになったそうである。

この時の英語の猛特訓が「インセプション」「シン・ゴジラ」へとつながっていく。

渡辺謙とならび本作に出演している日本を代表する俳優真田広之。

英語が堪能だった真田広之は、日本人の目から見て違和感のあるシーンはないかチェックを頼まれていた。そのため、全てのシーンの撮影に立ち合いチェックし、スーパーバイザー的なポジションになっていたといわれている。

また、ラストシーンの合戦で真田広之の殺陣シーンがあったそうだが、あまりにも迫力がありトム・クルーズよりも目立ってしまったために、大幅なカットがされた。

あらすじ

日本の実業家にして大臣の大村はバグリー大佐を介し、お雇い外国人としてオールグレンを軍隊の教授職として雇いに来た。その頃の日本は明治維新が成り、近代国家建設のために急速な近代的軍備の増強が必須であった。大金のオファーに魅せられたオールグレンは、僚友ガントとともに日本に行き、軍隊の訓練を指揮する。

やがて、不平士族の領袖である勝元が鉄道を襲ったという報が入った。まだ訓練は出来ておらず、この軍隊では闘えないと抵抗するも、やむなく出動するオールグレン。案の定、隊の練度は低く、サムライたちの勢いに呑まれた部隊はバラバラになり、ガントは落命、オールグレンは勝元らに捕えられる。しかし勝元は彼を殺さず、妹のたかに手当てをさせる。

引用:Wikipedia

軍事顧問として来日したトム・クルーズ演じるオールグレンが、渡辺謙演じる勝元に捕らえられ、お互いの文化や習慣を理解していくというもの。

明治初期といえば、アメリカでは南北戦争時代である。原住民であるインディアンと戦ったオールグレンが、日本の原住民ともいえる「侍」と出会い心が動かされていく。

銃器が諸外国から輸入されている明治の時代に、刀で戦う侍を美しく描いている。

ハリウッド映画特有のド派手なアクションシーンはなく、アクションシーンの中心は殺陣となっている。そのため、ハリウッド映画を観ているというよりも、日本の映画にトム・クルーズが出演しているような気さえしてしまう。

それだけ、忠実に日本を描こうとした制作チームの意気込みがみられる。

ちなみに、「着物よりも着心地がいい服はない」と発言するなど日本好きとして知られるトム・クルーズの着物姿はもちろん、日本語のセリフまである珍しい映画となっている。

キャスト・スタッフ

ネイサン・オールグレン大尉:トム・クルーズ

勝元盛次:渡辺謙

氏尾:真田広之

たか:小雪

信忠:小山田真

サイモン・グレアム:ティモシー・スポール

ゼブロン・ガント軍曹:ビリー・コノリー

大村松江:原田眞人

飛源:池松壮亮

明治天皇:中村七之助

ベンジャミン・バグリー大佐:トニー・ゴールドウィン

寡黙な侍(ボブ):福本清三

監督:エドワード・ズウィック

脚本:ジョン・ローガン、エドワード・ズウィック、マーシャル・ハースコビッツ

製作:トム・クルーズ

スポンサーリンク

映画を探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク