M:I-3 ミッション:インポッシブル3

 
2006年に公開されたトム・クルーズ主演の「ミッション:インポッシブル」シリーズの3作目。

監督は「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」で監督・脚本で有名なJ・J・エイブラムスにバトンタッチされている。

メインヒロインはミシェル・モナハン演じるジュリア・ミード。なんとイーサンが婚約したのである。親友のルーサーもイーサンと同じチームで活躍する。

本作からゴースト・プロトコルやローグ・ネイションでイーサンとともに活躍するベンジー・ダンが登場する。まだ現場捜査員ではないので、登場シーンは少ないが、物語終盤でキーパーソンとなりイーサンを助け、友情を深めていくことになる。

また、敵役はフィリップ・シーモア・ホフマンが演じている。今は亡き彼を観ることができる映画の一つでもある。

本作から「ミッション:インポッシブル」シリーズのストーリーが複雑になっていく。

「潜入して盗んだアレが偽物だったと思いきや本物で、敵の裏に本丸がかくれていて・・・」というような、今後のシリーズによく見られるストーリー展開は本作からはじまっていく。

しかしながら、設定がしっかりしているので、ストーリーが飛び飛びになっている印象はなく、アクションシーンをふんだんに盛り込んでいるため、テンポよく最後まで楽しめる映画になっていることは間違いない。

あらすじ

米国のスパイ組織IMFのエージェント、イーサン・ハントは、現場を退き教官としての仕事をしながら、本業を秘密にして婚約者のジュリアと幸せな生活を送っていた。

そんな彼の元に、かつての教え子である女性エージェント、リンジーがベルリンで捕らえられたという知らせが届く。迷いながらも救出作戦に参加したイーサンは、仲間達とのチームワークを発揮しリンジー救出を果たす。

しかし、ヘリに乗って逃げる途中、リンジーは頭に仕掛けられた爆弾の時限装置発動により死んでしまう。彼女は生前にメッセージを残しており、それによればIMF上官のブラッセルがブラックマーケットの商人であるオーウェン・デイヴィアンと結託して裏切り行為を働いているという。

引用:Wikipedia

婚約をきっかけに教官にしがんし、現場から離れたイーサンだったが、教え子を救うため現場に舞い戻ってしまう。さらに、婚約者ジュリアが事件に巻き込まれてしまい、ジュリア救出のために奔走するというストーリー。

婚約を祝福しつつも、イーサンを心配するルーサーとの会話もなかなか深いものになっている。

見どころはやはりアクションシーン。毎回前作を上回るアクションシーンを見せてくれるトム・クルーズはやはり大俳優である。

本作のアクションシーンもほぼ全てトム・クルーズ本人がこなしている。

キャスト・スタッフ

イーサン・ハント:トム・クルーズ

オーウェン・デイヴィアン:フィリップ・シーモア・ホフマン

ルーサー・スティッケル:ヴィング・レイムス

ジュリア・ミード:ミシェル・モナハン

ゼーン・リー:マギー・Q

デクラン・ゴームリー:ジョナサン・リース=マイヤーズ

ジョン・マスグレイブ:ビリー・クラダップ

リンジー・ファリス:ケリー・ラッセル

ベンジー・ダン:サイモン・ペグ

セオドア・ブラッセル局長:ローレンス・フィッシュバーン

監督:J・J・エイブラムス

脚本:J・J・エイブラムス、ロベルト・オーチー、アレックス・カーツマン

製作:トム・クルーズ、ポーラ・ワグナー

スポンサーリンク