オーシャンズ11

 
「エリン・ブロコビッチ」,「トラフィック」のスティーブン・ソダーバーグ監督作品「オーシャンズ」シリーズの1作目。

主演はジョージ・クルーニーブラッド・ピットマット・デイモンドン・チードル、などハリウッドを代表する俳優が多数出演するオールスター映画となっている。

ストーリーは単純明快で、カジノの金庫破りを計画し、仲間集めやシミレーションを行い、決行するというものである。

しかし、コミカルな会話や演出により、最初から最後までテンポよく観れる映画となっている。

強盗を描いた映画であるが、人を殺めたり銃撃戦など暴力的なシーンはなく、緻密に練られた計画だけで金庫破りを成功させるというものになっている。

あらすじ

凄腕の泥棒で詐欺師でもあるダニエル・”ダニー”・オーシャンは、窃盗罪で4年間服役していたニュージャージーの刑務所から仮出所した。

仮釈中の規則を無視して、ロスアンジェルスに住む仲間のラスティ・ライアンに会い、服役中に企てていた新しい盗みの計画を打ち明ける。それはラスベガスの3大カジノ「ベラージオ」・「ミラージュ」・「MGMグランド」の金が集まる地下巨大金庫の現金強奪計画だった。

ネバダ州カジノ委員会の規制により、カジノには客の掛け金を賄う現金を保有する必要があったことから、ボクシングのタイトル・マッチ当日には少なくとも1億6000万ドル以上の巨額の現金が集まることを知り、カジノセキュリティに詳しいベガスの大富豪ルーベン、ほか全米から8人の犯罪スペシャリストが集結。

ミサイル基地並の強固なセキュリティシステムに挑む。しかしオーシャンには金のほかに、もうひとつ盗もうとしている物があった。

引用:Wikipedia

ただ強盗をするのではなく、メンバーそれぞれにストーリーがあり、プライドであったり愛のためだったりするので、単純な強盗映画とは違ったおもしろさがある。

派手なアクションシーンがあるわけではなく、演出とセリフ回しでここまで面白い映画ができるのかというほどである。シリーズ1作目にしてシリーズ最高傑作とするファンも少なくない。

文字では表せないおもしろさなので、是非観ていただきたい。観終わった後には「おもしろかった!」とシンプルに言える映画である。

キャスト・スタッフ

ダニー・オーシャン:ジョージ・クルーニー

ラスティ・ライアン:ブラッド・ピット

ライナス・コールドウェル:マット・デイモン

フランク・キャットン:バーニー・マック

バシャー・ター:ドン・チードル

バージル・モロイ:ケイシー・アフレック

ターク・モロイ:スコット・カーン

イエン:シャオボー・チン

リヴィングストン・デル:エディ・ジェイミソン

ルーベン・ティシュコフ:エリオット・グールド

ソール・ブルーム:カール・ライナー

テリー・ベネディクト:アンディ・ガルシア

テス:ジュリア・ロバーツ

ブルーザー:スコット・L・シュワルツ

ウォルシュ:マイケル・デラノ

監督:スティーブン・ソダーバーグ

脚本:テッド・グリフィン

製作:ジェリー・ワイントローブ

スポンサーリンク