アウトロー

 
トム・クルーズ主演のアクション映画である。

単純なアクション映画ではなく、事件の謎解き要素も強くなっているので、アクションとサスペンスを同時に楽しめる。

オリジナル映画ではなく、推理小説ジャック・リーチャーシリーズが原作となっている。

原作では、主人公ジャック・リーチャーは「身長2メートル、体重100キロ」というダークな巨漢という人物像だが、実写化にあたり、小柄なトム・クルーズが演じることで話題となった。

元陸軍で除隊後にアメリカ全土を放浪している、ストイックで寡黙、正義のためなら手段を択ばないというクールな部分は、トム・クルーズとマッチングするだろう。

続編「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」も公開され、新たにトム・クルーズ映画シリーズにジャック・リーチャーシリーズが加わった。

あらすじ

ピッツバーグで無差別にスナイパーライフルで狙撃されるという猟奇的な事件が起きた。

現場に到着したエマーソン刑事たちは、現場に残された薬きょうや駐車料金として使われたコインなどの証拠から犯人を割り出した。容疑者は元軍人のジェームズ・バーであった。

ジェームズ・バーの自宅に突入し調べると、事件に使われたスナイパーライフルと移動に使用されたバンが見つかる。証拠が揃いジェームズ・バーは逮捕される。

取り調べをするエマーソンだったが、「ジャック・リーチャーを呼べ」とメモに書くだけで、何も話さないジェームズ・バーに手を焼いていた。

その頃、無差別狙撃事件を知ったリーチャーはピッツバーグへと向かっていた。ジェームズ・バーが自分を呼ぶだろうと直感したリーチャーは面会を求めるが、護送中に他の囚人から暴行を受け昏睡状態だった。

証拠が揃いすぎている状況を不審に思ったリーチャーはジェームズ・バーの弁護士ヘレン・ロディンと共に事件について捜査を始めた。

狙撃事件の証拠を一つ一つ調べなおしていくという展開になる。

徐々に明らかになっていく真実が、最後に一本の線でつながり、ラストはすっきりとする。

謎解き要素は、サスペンス映画をよく観る人ならおおよそ見当がついてしまうかもしれないが、トム・クルーズのアクションでテンポよくストーリーが進んでいくため、退屈せずに楽しめるだろう。

キャスト・スタッフ

役名 キャスト
ジャック・リーチャー トム・クルーズ
ヘレン・ロディン ロザムンド・パイク
アレックス・ロディン リチャード・ジェンキンス
エマーソン デヴィッド・オイェロウォ
ゼック ヴェルナー・ヘルツォーク
キャッシュ ロバート・デュヴァル
チャーリー ジェイ・コートニー
ジェームズ・バー ジョセフ・シコラ
リンスキー マイケル・レイモンド=ジェームズ
サンディ アレクシア・ファスト
ジェブ ジョシュ・ヘルマン
ロブ・ファリアー ジェームズ・マーティン・ケリー
ゲイリー ディラン・カスマン
チンピラ デンヴァー・ミロード
クリシー・ファリアー ジュリア・ヨークス
ウェズリー スコット・A・マーティン
ナンシー・ホルト ニコール・フォレスター
秘書 CJ・ラミレス

監督 クリストファー・マッカリー
脚本 クリストファー・マッカリー
原作 リー・チャイルド
スポンサーリンク

映画を探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク