ワイルド・スピード MAX

ブライアンの協力により、捜査の手から逃れたドミニクはトラック襲撃組織のリーダーとなっていた。しかし、徐々に捜査の手が伸びてきていることを知ったハンはドミニクに足を洗うことを進言した。ドミニクはハンの進言通りチームを解散すことを決意した。最愛の女性レティを置いてドミニクは姿を消してしまった。

ワイルド・スピード X3 TOKYO DRIFT

東京の学校に通い始めたショーンはトゥインキーという同級生に出会う。トゥインキー自慢の車を見せてもらい、カーレースが行われる立体駐車場に案内してもらった。 そこにいたのは同級生のニーラだった。

ワイルド・スピード X2

「ドミニクとの友情」と「警察官としての職務」の選択を迫られ、友情を選んだオコナーはドミニクの逃亡を手助けする。そのことで、犯罪者として警察から追われる身となってしまった。 マイアミに潜伏しながらも、カーレースを続けていたオコナーはカリスマ的レーサーとしてレーサー達から尊敬される存在となっていた。

ワイルド・スピード

トラック連続襲撃事件を追うロス市警は、事件の共通点を見つけ出した。それは、卓越した運転技術を持つ複数人が、毎回同じ車両で犯行を行っているというものである。 容疑者に上がったのは、ドミニク・トレットという男だった。暴行事件で服役した経歴があるドミニクは、現在ではストリートレーサーを取りまとめる存在であった。

スノーホワイト/氷の王国

かつて白雪姫の住む王国を支配していた邪悪な女王ラヴェンナには、妹のフレイヤがいた。 フレイヤはある男性を愛し、子どもが生まれた。幸せを感じていたある日、夫によって愛する子供を失ってしまう。 悲しみにくれたフレイヤは心を閉ざし、氷の王国を造った。

リセット

映画館に勤めるポールは、その日もいつもの様に映画を上映していた。 映画上映中に停電が発生した。突然の出来事に戸惑ったが、すぐにライトをつけて周辺を調べるポールだったが、目を疑う光景が広がっていた。観客やスタッフなどあらゆる人が衣服だけをその場に残し姿を消していた。

スポンサーリンク