ロッキー・ザ・ファイナル

2006年に公開された「ロッキー」シリーズの6作目。原題はロッキーのフルネームである「Rocky Balboa」となっていたが、日本では完結編という意味を強調するため「ロッキー・ザ・ファイナル」と邦題がつけられた。

第1作目の公開から30年、前作「ロッキー5」から数えても16年が過ぎていたため、イベント的な位置づけをされていた本作だが、公開されると観客や評論家から絶賛された。

完結編と銘打たれ「最後のドラマ」とタイトルがつけられた前作が、すさまじいほどに酷評され、シルヴェスター・スタローン自身も「失敗作だったと」認めていた。

そんな酷評を受けたまま終われないという意思があり、本作が作られたといわれている。それほどに、シルヴェスター・スタローンの「ロッキー」に対する思いが強かったのだろう。

あらすじ

ロッキー・バルボアがヘビー級チャンピオンとなり、英雄と呼ばれていた頃から、長い年月が過ぎていた。しかし、現役時代と変わらず、今もなおファンから愛され続けていた。

ボクシング界から身を引いたロッキーは、フィラデルフィアの片隅で、亡き妻の名「エイドリアン」を冠したレストランを経営していた。

エイドリアンの死から立ち直れずにいたロッキーは、ポリーと共にフィラデルフィアの思い出の場所を訪ねる日々を送っていた。

ある日、かつての馴染みのバーを訪れた。そこでバーテンダーとして働くマリーから声をかけられる。
マリーは、かつて、夜中に不良グループとたむろしているところを、ロッキーが家まで連れ帰った少女だった。このことがきっけかで、マリーとその息子ステップと親交を深めていく。

一方、ボクシング界ではメイソン・ディクソンがヘビー級チャンピオンとなっていた。しかし、ファイトスタイルがファンから受け入れられず、人気者とは言えなかった。

そんな中、あるテレビ番組でメイソン対ロッキーのバーチャルマッチが放送された。コンピューターの計算した試合ではあるが、ロッキーが勝利しボクシングファンの間で話題となった。

バーチャルマッチが組まれたり、「過去のチャンピオン」と呼ばれボクシングに対する情熱が再燃したロッキーは、プロライセンスの再取得を決意する。

ロッキーシリーズ1作目から全て観ている人には、感動シーンのオンパレードとなるだろう。逆に言うと、シリーズを観ていない人には、内容の半分程度しかわからない映画である。

エイドリアンの死、独立した息子との関係、ボクサーとしての自分、変わっていく街並みなど深く描かれている。

試合のシーンもかなり力が入っており、本当に殴り合って撮影されている。メイソン・ディクソンを演じているのは本物のボクシングチャンピオンなので、撮影中に何度もKOされかけたと言われている。

また、ロッキーとメイソンの入場シーンは、実際のボクシングの試合前に時間をとって撮影されている。本当のボクシングファンが、エキストラとなっているため白熱のシーンに仕上がっている。

撮影時に、ロッキーの入場にブーイングが起こらないか心配したそうだが、そんなことは全くなく、大歓声で迎えられ安心したと語られている。

撮影後の試合に出たボクサーは、自分たちの試合の時よりロッキーの入場の時の方が歓声が大きかったとまでいわれている。

キャスト・スタッフ

役名 キャスト
ロッキー・バルボア シルヴェスター・スタローン
ロバート・バルボア・ジュニア マイロ・ヴィンティミリア
ポーリー バート・ヤング
デューク トニー・バートン
メイソン・ディクソン アントニオ・ターバー
マリー ジェラルディン・ヒューズ
スパイダー・リコ ペドロ・ラヴェル
監督 シルヴェスター・スタローン
脚本 シルヴェスター・スタローン
製作総指揮 ロバート・チャートフ
アーウィン・ウィンクラー
スポンサーリンク

映画を探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク