スタンリー・トゥッチ一覧

ターミナル

クラコウジア人のビクター・ナボルスキーは、奇妙な缶詰を片手にアメリカのJFK国際空港に降り立った。 入国審査で言葉が通じないせいか足止めされてしまう。国境警備局から説明を受け、ポケベルと食券を渡され、国際線乗り換えロビーにて待つように指示を受けた。

スポンサーリンク