ワイルド・スピード X3 TOKYO DRIFT

 

※吹替え版のみプライム対象です。字幕版は有料でのレンタルまたは購入となります。

2006年に公開されたカーアクション映画「ワイルド・スピード」シリーズの3作目。

メインキャストはハン役のサン・カンのみの出演で、ポール・ウォーカーは全く出演しない。また、ヴィン・ディーゼルもラストシーンの数分のみの出演となっている。メインキャストが出演しないことも影響し、興行成績はシリーズ最低記録となっている。

前作からかなりの時間が経過している設定で、時系列的にはシリーズ6作目「EURO MISSION」の後になる。

シリーズを頭から観て、「EURO MISSION」を観た後に再度本作を観ると、ハンのセリフなどより理解が深まるだろう。

舞台が東京都いうこともあり、日本の俳優・女優が数名登場する。しかし、悪役の親玉を演じる千葉真一以外は出演時間も短く、わき役とも呼べないほどである。

本作を観ていると日本の習慣や文化と食い違う点がいくつも存在する。それが批判の対象になっているのだが、アメリカ人の思う間違った日本文化をあえて誇張して表現している。いわゆるジョークである。そう思って観ると笑えるシーンも多くある。

あらすじ

アリゾナで暮らすショーン・ボズウェルは、ちょっとしたいざこざから同級生のジョックとカーレースをすることになった。レースの場所は建設中の住宅地。

マシーン性能で劣るショーンだったが、それを補うテクニックでカーレースを有利に進めていた。それにいら立ったジョックは体当たりなど乱暴な運転をはじめた。競り合ううちに建設中の住宅を破壊し、お互いのマシーンは大破してしまった。

警察に逮捕されたショーンは服役を免れるために、離婚し東京に住む父親のもとへ送られる。

東京の学校に通い始めたショーンはトゥインキーという同級生に出会う。トゥインキー自慢の車を見せてもらい、カーレースが行われる立体駐車場に案内してもらった。

そこにいたのは同級生のニーラだった。ニーラに好意を持ったショーンは話しかけに行ったが、その様子をみていたD.K.は、自分の女に手を出すなとショーンに絡みに行く。それを不満に思ったショーンはD.K.を挑発し、カーレースで決着をつけることにした。

車を持っていないショーンにハンが自らの愛車を貸しレースに参加させた。しかし、立体駐車場という狭い場所ではショーンのテクニックは全く通用せず、D.K.に大敗してしまう。そればかりでなく、ハンが自らチューニングした愛車を大破させてしまう。

ストーリー性がないことで定評のある「ワイルド・スピード」シリーズですが、本作もストーリー性はほとんどない。ショーンがハンに弟子入りして、ドライビングテクニックを教わり成長する過程以外はあまり期待しない方がよい。

とはいえ、ストーリーなどなくとも楽しめるのが「ワイルド・スピード」である。

日本の狭い道をドリフトで駆け抜けていく映像は他シリーズにない迫力がある。渋谷のスクランブル交差点にドリフトで駆け抜けるシーンなどは日本人ならシビレルだろう。

公開当時はシリーズ本編とつながりのないストーリーだとかなりの批判を浴びましたが、上にも書いた通り「EURO MISSION」の直後にハンが東京に移った物語で、その後の「SKY MISSION」へと繋がるストーリーとなっている。

レビューなど低い評価がされているが、ワイスピファンなら間違いなく楽しめる作品である。

キャスト・スタッフ

役名 キャスト
ショーン・ボズウェル ルーカス・ブラック
トゥインキー バウ・ワウ
ニーラ ナタリー・ケリー
D.K. ブライアン・ティー
ハン サン・カン
モリモト レオナルド・ナム
ショーンの父 ブライアン・グッドマン

監督 ジャスティン・リン
脚本 クリス・モーガン
カリオ・セイラム
アルフレッド・ボテーロ
製作 ニール・H・モリッツ

日本人キャスト

役名 キャスト
カマタ組長 千葉真一
レイコ 北川景子
パーキングシーンでのスターター 妻夫木聡
熊の刺青の男 KONISHIKI
ショーンの父の愛人 真木よう子
高校の教師 柴田理恵
女子高生 中川翔子
スポンサーリンク

映画を探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク